2024年6月18日火曜日

581. 濁音が発達した日本語

読売新聞一面の下にある編集手帳欄に「濁音を含ん

だ言葉は、不快な感じや大きさを表す効果がありそ

うだ。」とありました。サラサラとザラザラ、コロ

コロとゴロゴロ。公明党が「自民党はグズグズして

いるから、選挙でドンドン負けた。」として最後に

濁音のない不快感を表す言葉としてイライラで締め

くくってありました。

朝鮮半島から文化と共に言葉も伝わった時代以降、

半島ではパッチムが発達し、日本では濁音が発達し

たように思えます。

韓国語では、初音にㄱㄷㅂㅈが来るとカタパチャの

音か、ガダバジャの音か区別出来ません。それで、

姓においては金、高、朴、鄭さんなどはキム、コ、

パク、チョンと発音しますが、地名においては、

金浦Gimpo、大田Dejon、釜山Busan、済州Jeju

という様に表記します。そこには、日本に於ける不

快な表現のイメージは全くなくて、むしろ、激音の

ㅋㅌㅍㅊㅎの方が私たちの耳には、強烈な印象があ

ります。

韓国語、滋賀/長浜・ひこね: 11.日本語のルーツをさぐったら・・・ (han-guru.blogspot.com)

2024年6月12日水曜日

580. 百済の由来

私がこのブログを書き始めるよりもずっと前、文化

庁のホームページを訪ねたことがあります。そのホ

ームページの巻頭言として書かれていたコラムの題

名が「百済の由来」でした。当時、文化庁の長官だ

った河合隼雄氏が韓国に行ったときのこと、ある地

方の港を訪ねた時、そこでその地名が百済の由来だ

と教わったというような文章でした。一人の韓国人

の韓国でも認められていないお話を日本の文化庁の

ホームページの巻頭言として文化庁長官が堂々と書

かれていました。この事は日韓関係についてずっと

見てきた者にとっては理解しがたい内容でした。

それで私は、そのことをメールでお伝えしました。

するとすぐさまその巻頭言はホームページから削除

されました。文化庁からは何ら返信は来ませんでし

たけど…

今から思うとこの出来事が私がこのブログを書き始

めたきっかけになったのかも知れません。洞察の眼

を持って見ていくことによって少しずつ見えて来る

ものがあります。今やAIの時代、様々な正しい情報

を取り集めることはできますが、そこに息を吹き込

むことが私たちの仕事なのではないでしょうか❓




2024年6月6日木曜日

579. 朝鮮半島の緊張と世界の元首の不人気

北朝鮮からの汚物風船投下に端を発して韓国政府が

動き出しました。国会議員選挙を終えて与野の捻じ

れが一層増した中ではありますが、とは言ってもい

まだ任期の半ばにも差し掛かっていない訳ですから

尹大統領は大統領の権限で行使できる外交分野で大

いに動き始められました。

ムンジェイン前大統領が北朝鮮との間で取り交わし

た南北軍事合意の効力停止を表明し、さらに韓国・

アフリカサミットを開催して国力に見合った国際貢

献としてODAの拡大方針を示しました。先日の日中

韓首脳会談、日韓首脳会談に続いて国際ニュースに

度々登場します。しかしながら国内での支持率は低

く日本、アメリカ、イギリス、カナダ、ブラジル、

インド等と同じく主要国家元首の支持率は低下の傾

向にあります。ただ、戦争当事者の国や独裁制の強

い国においてはこの限りではありませんけど…

今世界で起こっている戦争に対して何ら処方箋を出

すことも出来ずに手をこまねいている訳ですから、

いざ仕方ありませんよね。


2024年5月26日日曜日

578. 渡来人の来た道を辿る

NHK大河ドラマ「光る君へ」の中で、京より越前
に向かうルートとして琵琶湖を船で上り大浦から
深坂峠を越えていくという場面がありました。
当時の交通手段は船と輿(人力)あるいは馬でし
た。琵琶湖の湖上交通と北陸に向かう愛発関、東
山道の不破関、東海道の鈴鹿関の三関は畿内を管
理する上に於いて重要な場所でした。ドラマでの
この回は、清少納言の枕草子を説明していました
ので、越前に向かう道中はあらすじのごとく流さ
れて多少消化不良ですが、いずれにせよ琵琶湖に
浮かぶ多景島、竹生島は周囲の山々と共に、船の
航行における重要なポイントだったのでしょう。

麦と荒神山と夕焼け


荒神山から多景島、竹生島

    

8号線と161号線の間の深坂古道
  大浦から敦賀湾へ

対馬海流に乗って隠岐島を左に見ながら進むと、大きく口を開けたような敦賀湾に辿り着きます。



2024年5月12日日曜日

577. 日韓関係今後の予測 한일관계의 앞으로 예측

 윤석열(尹錫悦)대통령의 임기가 앞으로 3년 남았는데 어떻게 될 것이라고 생각하십니까?

이 질문을 한국사람들한테 물어보면 다 같이 한일관계에 대해서는 좋아지지는 못할 것이라고 대답이 올 겁니다. 왜냐하면 지난 총선에서 더불어 민주당하고 조국혁신당이 크게 이기고 여당인 국민의 힘의 세력이 약해졌기때문입니다. 야당 국회의원들이 단체로 독도에도 가고 민족의식을 이끌어가고 있습니다. 무론 독도는 한국이 점령하고 있습니다. 게다가 예로부터 부산에서 배를 타면 쓰시마 해류(対馬海流)를 타고 쓰루가(敦賀)에 도착하게 되어 있고 아직기나 왕인박사등 많는 학자들이 거기서 산을 넘어 비와호수를 통해서 그 주변 지역에 정착했습니다. 그리고 거기서 강을 내려가가지고 나라,교토에 가서 많은 문화를 전한 겁니다. 그리고나서 백제를 도와주기 위해서는 세토나이카이(瀬戸内海)를 통해 현해탄(玄界灘)을  건너 백제까지 간 겁니다. 이렇게 교류해온 역사가 있는데 좋지 않는 시대도 많았고 쉽게 사이가 회복할 수는 없지만 조금씩이라도 앞을 향하는 분위기가 있으면 합니다. 세계가 국토 국경을 위해 싸우고 있는데 그게 사람의 생명보다 중요합니까? 뭔가 이상한 시대 삶을 살고 있는 것 갔습니다.


 尹錫悦大統領の任期が向後3年の残りとなりましたが、どのようになると思いますか?

この質問を韓国の人に尋ねてみると、皆口をそろえて、韓日関係は良くはなれないだろうとの答えが返ってくるでしょう。なぜなら前回の総選挙で「ともに民主党」と「祖国革新党」が大きく勝利して与党である「国民の力」の勢力が弱くなったからです。野党の国会議員らが団体で竹島にも行き、民族意識を引き起こしています。もちろん竹島は韓国が占領しています。さらに昔から、釜山から船に乗ると対馬海流に乗って敦賀に到着するようになっており、阿自岐や王仁博士など多くの学者らが、そこから山を越えて琵琶湖を通じてその周辺の地域に定着しました。そして、そこから川を下って奈良、京都に行って多くの文化を伝えたのです。そうして、百済を助けるためには瀬戸内海を通って玄界灘を越えて百済まで行ったのです。このように交流してきた歴史があるのですが、よくない時代も多かったので容易く日韓関係が回復するとまでは行きませんが、少しづつでも前に向かう雰囲気があればいいのにと思います。世界が国土、国境の為に闘っていますが、それが人の命よりも重要ですか?何か異常な時代を生きているようです。

2024年5月9日木曜日

576. 深坂古道探訪記

滋賀と福井の県境にある古代史ミステリーの道。


ゴールデンウィーク前半戦の昭和の日。かねてから

気になっていた深坂古道を歩いてみました。NHK

の大河ドラマ「光る君へ」の主人公になっている人

紫式部。

彼女が父藤原為時と共にこの塩津山を越えたときの

詞書と歌が刻まれていました。「なおからき道なり

や」とあります。辛い道、塩辛い、つらい道、韓来

道。こちらが今回の道程の最終目的地だったのです

が、その手前には、笠朝臣金村が塩津山(深坂峠)

にして作る歌二首(万葉集)もありました。

朝臣は朝鮮半島から来た渡来人に与えた姓なのでし
ょうか?上皇陛下が以前に桓武天皇の母方の先祖が
百済からの渡来人だとおっしゃったことがあります
がその方のお名前が、高野新笠です。朝鮮半島から
の渡来人が敦賀に上陸して、愛発からこの深坂古道
を通って塩津山を越え、ある者は余呉湖畔に、ある
者は琵琶湖の水運を利用してその左岸、右岸に居を
構え、後に優秀な人材は琵琶湖を下り木津川から奈
良の都へと召されて行った。閼伽井屋で産湯を使っ
た天智天皇、天武天皇、持統天皇の三人から三井寺
の名前が付けられたとのことも合点がいく話です。
ルーツを訪ねる旅もいよいよ終盤戦に差し掛かって
来たように思われます。


愛発小学校と山の藤


2024年4月23日火曜日

575. 俳句、短歌、連歌の上の句575

万葉の時代から歌われている古代日本の文学の世界

額田王の「熟田津に 船乗りせむと 月待てば

潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな」という歌は、舒明

天皇(息長足日広額天皇)と中大兄皇子(のちの天

智天皇)らが百済に援軍を送る時の湊での光景だと

されています。時の天皇や皇族の歌から庶民の歌ま

で歴史の生きた証人として、その時代を検証する材

料として古文を学ぶ価値は多々あると思います。

ペンネーム額田王(ぬかたのおおきみ)はさぬかた

(坂田)のおおきみのことであると坂田郡誌で見た

ことがあります。天智天皇の子、弘文天皇の孫とさ

れる淡海三船という人物の名前も意味深で、琵琶湖

に浮かぶ三つの船は渡来三国人(百済人、高麗人、

新羅人)のことを言うのでしょうか。古代三関(愛

発関、不破関、鈴鹿関)のことなのでしょうか。三

つ巴の神社やお寺のマークと共に天智天皇と大海皇

子(後の天武天皇)の間にいた額田王、そして天下

分け目の戦いがなされた関ヶ原の不破の関での壬申

の乱の大海人皇子側の勝利。滋賀の古い地名を辿る

とまだまだ新しい発見がありそうです。